【2023年8月】毎日ラーメン男SUSURUが先月のベストラーメンを発表します【月間SRY】

ずるずる、どうも〜!SUSURUです!

今回の月間SRYでは、2023年8月にSUSURUが訪れたお店の中から特に美味しかったお店を発表していきます。
前回までと同様に動画では紹介していないプライベートで訪れたお店も紹介していきます

果たしてどんなラーメンが待っているのか…ぜひ最後まで見てくださいね!

目次

2023年8月のラーメンベスト4

2023年7月に訪れた数々のお店から特に美味しかった4店舗を厳選してご紹介していきます!
まずはプライベートで訪れたお店です!

その1. 吉村家【プライベート来訪】

お店について

吉村家さんといえば、家系ラーメンの総本山。ファンも多く、家系ラーメンファンはもちろんのこと、もはや横浜の一つの観光名所にもなっているお店です。

移転前は動画で訪れたことがあったのですが、移転後の吉村家さんに行ったことはなく、前々から行きたいなと思っていました。

この日SUSURUは横浜スタジアムで野球観戦の予定があり、その前に吉村家さんへ。

ここ2-3年の家系ラーメンの人気が盛り上がりを見せるなかで、SUSURU的にも一大イベントとなった今回の訪問はとても楽しみでした…!

実は、SUSURU TV.で動画を撮る予定だったのですが、すでにお店がかなり混雑しているので動画に出してしまうとさらにお客さんが来て逆に迷惑になるかと思い、今回はやめておきました。

吉村家さんといえば、1-2時間は列に並ばなければいけないイメージだったのですが、16時ごろに行って30分ほど待つとお店に入ることができました。

吉村家さんと言えばの「プラスチック食券」

ラーメンについて

移転後初来訪のためシンプルに、チャーシューメンとライスを注文しました。

移転前の味と大きく変わりなく安心感があり且つ最高峰の家系ラーメンでした。

スープは飲んだ瞬間に醤油の旨味がビビッと全身に駆け巡る”醤油先行型”で、
パンチとキレのある醤油の旨味が後を引く段違いの美味しさです。

また、スープのベースとなっている豚骨、麺、トッピング全てのクオリティが素晴らしかったです。

こんな人におすすめ!

家系ラーメン好きの方はもちろん、「家系ラーメン食べたことないよ…」という初めての人にもオススメです!

超有名店なので、横浜観光に来た際はぜひ訪れてみてください!

店舗情報


店名家系総本山 吉村家
住所神奈川県横浜市西区岡野1-6-4
営業時間11:00~20:00

定休日:月曜日
食べログhttps://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14090328/
Googleマップhttps://www.google.co.jp/maps/place/

2. YAMAちゃん

お店について

YAMAちゃんさんは、JR西荻窪駅から徒歩15分くらいにあるお店で少し駅から離れているため見つけにくい場所にあるのですが、先日車で偶然通りがかって発見し訪問することになりました。

夜しか営業していないのが特徴で、お酒と一緒にビジュアルの素晴らしいニンニク系のラーメンをいただけます。

ラーメンについて

SUSURUは「味噌ニンニクチャーシュー」と「ライス」をオーダーしました。

ラーメンはドドンと乗った味付きの肉と、表面に浮いた脂が美味そうでそのビジュアルは満点です…!

味噌スープは「癒し系」な優しい味わいで、表面に浮いた脂は背脂かと思っていたら腹脂と鶏脂を混ぜたものらしく、ベースの動物系スープともマッチしなるほど確かにコク深く、それでいて味噌の旨味もしっかり引き立っています。

SUSURUはチャーシューメンを頼んだのですが、牛丼のような感じで味のついた豚バラ肉が乗ってきます。 この豚バラ肉が柔らかく、ご飯によく合う味付けでナイスでした。

味変でニンニク入れると、しっかりと風味とパンチが出てさらに美味しかったです。
(ちなみにニンニクはデフォルトだとラーメンに乗りますが、せっかくなので後から入れてみてくださいと店主さんからご配慮いただきました。)

こんな人におすすめ!

夜にニンニクの効いた刺激的なラーメンを食べたい人にオススメです!

また、店内のドープな雰囲気を味わいたい方もぜひ訪れてみてください!

店舗情報


店名YAMAちゃん
住所東京都杉並区上荻4-21-11 西荻国際第一マンション 1F
食べログhttps://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13010831/
Googleマップhttps://www.google.co.jp/maps/place/

3. 麺屋 さくら井

お店について

さくら井さんは6年ほど前に一度訪問(517日目)したことがあるのですが、当時はオープン1年以内で、なんなら空いてたくらいのさくら井さんなのですが、この数年間で東京を代表するお店へと成長したお店です。

住宅街の中にポツンと構える店舗には日夜大行列をつくりだしており、店主さんは夏が似合う彫りが深めなイケ麺です。

ラーメンについて

SUSURUは、「特製醤油らぁ麺」と「豚ユッケ風ごはん」をオーダーしました。

堂々としたビジュアルの醤油ラーメンと豚ユッケ丼のビジュアルは100点をつけざるを得ないほど美味しいそうです。

スープがとにかく美味しくて、飲み口あっさりなのに深みのある出汁感、そして醤油のキレのある味わいと、一口飲んだだけでは何味なのかわからない複雑な旨みが溢れます。

ベースとなるスープには純正比内地鶏、名古屋コーチン、宮崎じどっこ、大山鶏、SPF岩中豚ゲンコツや青森県産のニンニクなどの香味野菜が加えられ、鶏だけではなく豚や乾物も使用した複合的な旨みを実現したそうです…!

麺は三河屋製麺製で、各メニューに合わせた特注麺を使用しているとのこと。

豚ユッケ丼も美味で、卵黄崩して甘辛い玉ねぎタレと一緒に頬張るとめっちゃウマです!

こんな人におすすめ!

ビジュアル、味ともに満点なワンランク上の醤油ラーメンを食べたい方はぜひ訪れてみてください!

店舗情報


店名麺屋 さくら井
住所東京都武蔵野市西久保2-15-27
営業時間[月・火・木・金・日]
11:30~15:00

[土]
11:30~15:00
18:00~20:30

定休日:水曜日(水曜は豚骨魚介のお店 KEN軒 として営業)
食べログhttps://tabelog.com/tokyo/A1320/A132002/13202438/
Googleマップhttps://www.google.co.jp/maps/place/

4. ほっこり中華そば もつけ

お店について

もつけさんは、八王子屈指の人気と実力を持ちながら非常に謙虚で慈悲深い店主さんが営む名店中の名店です。

以前に一度訪問(2028日目)しておりまして、その際は煮干しをベースにした半端ないうまさの一杯をいただき感動しました。

しかし昨今の煮干しの価格高騰により、5月よりカツオを使った中華そばへ路線変更したそうで、リニューアルして果たしてどんな味へ変わったのか気になり来訪することに。

(煮干しからカツオに変えたはいいものの、結局旨みをたっぷり出すために素材を吟味したり増やしたりしていたら、元の煮干しより原価が高くなってしまったなんてお茶目な一面も…)

ちなみに『もつけ』とは津軽弁で『一つのものに熱中する人』を意味で、店主さんも私SUSURUと同じ青森出身で親近感が湧きます。

ラーメンについて

SUSURUは「特製中華そば」をオーダーしました。

色合い豊かなフチの丼に、麺線整えた麺を手前に持ってきて割った味玉を中心に配置したそのビジュアルは、ため息が出るほどに美しいです。

カツオ香るスープを一口飲んでみると、一口目は繊細かつクリアにカツオの旨みがバシッと脳天突き抜け、一瞬何が起こったかわからないくらいの衝撃があり、上品な口当たりを感じさせながらパンチ力は十分で神がかり的に美味い!

麺は自家製の中細麺で、『もち姫』を配合しており柔らかで弾力のあるモチモチ食感がまた最高です。

食べ進めていくとクリアなだったスープが徐々に濁り、ダイナミックかつカオスな旨みへと変化していきます。店主さん曰く、食べ進めていくごとに少しずつ味が変わるように『層』を意識して作っているとのこと。

こんな人におすすめ!

あまりに美味しさで食べる人を皆「もつけ」にする、カツオの風味が効いた神域のラーメンを味わいたい方はぜひ!

店舗情報


店名ほっこり中華そば もつけ
住所東京都八王子市万町34-1
営業時間10:40~15:00
定休日:火曜日
食べログhttps://tabelog.com/tokyo/A1329/A132904/13192847/
Googleマップhttps://www.google.co.jp/maps/place/

最後に

今回の記事では、2023年8月にSUSURUが訪れたお店の中から特に美味しかったお店をプライベートで訪れたお店含め4店舗紹介させていただきました!

もし気になったお店があった方は是非足を運んでみてください。

次回は2023年9月編でお会いしましょう!
それでは、ごっそれい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次