【浅草 生田庵】『辛いけど大丈夫?』と確認される激辛ラーメン生玉子とライスですする SUSURU TV.第2443回

ずるずる、どーもー!SUSURUでーす!今日は、SUSURUが訪れた2443回目のラーメンのお店、「浅草 生田庵」さんのレビューをお届けします。 ハイテクな食券制のこのお店では、SUSURUが選んだのは「辛味中華」。

その他にも「茹で卵スライス」、「生卵」、そして「小ご飯」を追加。「浅草 生田庵」さんの辛味中華は、辛さレベルが5段階から選べるのですが、SUSURUは辛さレベル3をオーダーしました。

まず一番に目を引くのは、このラーメンのスープ。見た目からして辛そうな色合い、だけどその一口目から溢れるのはじつはあっさりとした醤油味。塩分が効いており、豚などの動物系出汁も絶妙に効いています。

そしてキレのある醤油がメインを主張。ひと口すればこの辛さ、「ちゃん系」のようなネオノスタルジックな味わいとも言えるでしょう。

次に、麺。この平打ちストレート麺は、ツルっと喉越しが良く、コシも感じられます。ただし、辛さレベル3というスープの辛さはそれなりにあり、どんどん麺をすするには注意が必要なレベルです。

そして具材の「チャーシュー」。醤油の味がギュッと染みたこちらのチャーシューは、ライスとの相性も抜群。そして細切れのメンマも味が十分浸みており、コリコリとした食感がアクセントとなります。

こちらのラーメンでは、ゴマの香ばしさやネギのシャキっとした食感も楽しめるのが特徴。そして、意外なオアシスとも言えるのが「茹で卵スライス」。こぼれ落ちるようにたっぷりと盛られた卵は、辛さを中和させてくれます。

最後に「生卵」を溶いてみますと、辛さをまろやかに包み込み、さらに濃厚さをプラス。優しさを加えくれる一杯になりました。そして残ったスープを最後にすすり干すと、リびることも忘れて食べ終えました。

さて、こちらの「浅草 生田庵」の中華そば、一言で言えば「ネオノスタルジックな辛さを楽しむ一杯」でした。この辛さがクセになれば、きっとリピートしたくなるでしょう。 それではまた次回お会いましょう!ごっそれー!


店名浅草 生田庵
住所東京都台東区花川戸1丁目6−4
営業時間11時00分~21時00分
10時00分~21時00分(土、日)
食べログhttps://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13255913/
Googleマップhttps://www.google.co.jp/maps/place/浅草 生田庵
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

SUSURU TV.では「毎日ラーメン健康生活」をテーマに、
ラーメンをすする動画を毎日18:30にYouTubeにアップロードしています。
日々ラーメンをすすり続け、現在2500日以上連続配信中です!
全国の美味しいラーメンをすすりたい、紹介したいという気持ちで毎日続けておりますので、宜しければ応援よろしくお願いします!

「毎日ラーメン健康生活」とは
ラーメン大好きSUSURUが毎日ラーメンを食べても健康でいれることを証明していく生活。

コメント

コメントする

目次