【どっぷりしやがれ】評論家が美味いという二郎系の新店へ行ってみた。ワシワシ麺変更&豚を追加してガッツリとすする SUSURU TV.第2763回

ずるずる、どーもー!SUSURUでーす!今回は、「汁麺屋どっぷりしやがれ」さんで食事を楽しむことになりました。

こちらのお店では、加水率の低い「わし」と、高い「つる」の2種類の麺が提供されていて、選ぶ楽しみがあります。その中からSUSURUが選んだのは「わし」の並。そして、豚1枚と生卵をトッピングしました。

「汁麺屋どっぷりしやがれ」さんは、原則として禁じられている二郎系ラーメン店のフライングコールを許可している珍しいお店です。そのドキドキ感を味わいつつ、何をトッピングするかを事前に決めるのもオススメです。

SUSURUが選んだ「わし」の麺は、たっぷりと茹で上げられてきました。それもそのはず、なんと並でも300gもあり、かなりのボリューム感を感じます。そしてついに提供されたのが、生卵と豚の追加アブラ。

そのすぐ後に、「わし」並ヤサイニンニクアブラに追加豚1枚が登場しました。その見た目の豪華さは、一見の価値ありです。 まずは野菜から。

アブラが豪快に降り注ぐ野菜は、見た目よりも濃い味の脂と絶妙にマッチした味わい。それに続いて大判の豚を一口。美味しさが口の中で広がるとともに、アブラとの絶妙なマッチングが感じられます。

そこから続いて麺へのアプローチ。手掛けたのは京都の名門、麺屋棣鄂製。この麺は、その名の通り「わし」を感じさせながらも、どっぷりとした力強さも兼ね備えています。更に、添加したアブラに麺を浸して、ハードな一杯を楽しみました。 最後に生卵を溶かして麺に絡め、まるですき焼きのような柔らかさを楽しみました。これで300gもある麺を見事に完食。その間に追加した豚も存分に味わい、最後まで大満足の一杯でした。 自分好みの一杯を探すことができる「汁麺屋どっぷりしやがれ」さん、また違う麺を選んで訪れたいなと思います。それではまた次回お会いしましょう!ごっそれー!


店名汁麺屋 どっぷりしやがれ
住所千葉県市川市湊15−6 カサグランデ88
営業時間11時00分~15時00分、17時00分~21時00分
月曜日、定休日
食べログhttps://tabelog.com/chiba/A1202/A120202/12056764/
Googleマップhttps://www.google.co.jp/maps/place/汁麺屋 どっぷりしやがれ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次