【えどもんど 中野】後のことは考えるな。ニンニク直食いで脳汁が止まらないバキバキ二郎系ラーメン最高!をすする SUSURU TV.第2798回

ずるずる、どーもー!SUSURUでーす!今回は素晴らしいラーメンのお店、「えどもんど中野」さんを訪れました。

こちらのラーメンは食券制となっており、SUSURUが選んだメニューは豚2枚半玉子付きのラーメンに、追加で生卵とうずらの卵もトッピングしました。

この店では、麺の量を食券機で半分や少なめを選べることが可能で、麺の量を調節したいという「初めて」の方々でも気軽に注文することができるシステムが採用されています。

また、店内はサーキュレーターがフル稼働していて、暑い夏でも心地よい風が流れていました。 二郎系ラーメンとは思えないほど丁寧に茹でた極太麺が皿に美しく盛られていました。

こちらが「えどもんど中野」さんのラーメン豚2枚半玉子付き各種トッピング&コールです!テッペンには揚げられたアブラが豪快に盛られており、緑の炒め物と一緒に色鮮やかに盛り付けられています。

豚肉やうずらの卵といったトッピングも追加したSUSURUのラーメンは、より見栄えの良い一杯になりました。 では、食べ始めてみましょう!まずは炒めた野菜から一口、パクッといきます。

その甘さと、たっぷりと盛られた揚げアブラの濃厚さが口の中で混ざり合って、ハッとするような美味しさを感じました。チャーシューの切れ端も少しあって、その旨味が野菜とアブラの風味をより一層引き立ててくれました。

次に、アブラと卓上の調味料をかけてみると、よりまろやかで深みのある味わいに変化しました。これこそが一杯のラーメンが完成される瞬間・過程、まさに壁ハメ状態!こんな味わいにはやはりうまい対処が必要でしょう。

そして極太麺に舌触りが良いスープが絡んだ一口目、その美味しさにうなってしまいました。この麺が「えどもんど」さんの一杯の真髄であり、その味にはいつも驚かされます。

暑い夏でも「えどもんど」さんのラーメンは、一口食べた瞬間、SUSURUの体は勝手に次の一口を求めるほどです。さて、次は生卵を溶かして味に変化を付けてみました。

その細やかな味わいが、さらに麺の風味を引き立てました。 というわけで、かなりパンチのある味わいで楽しむことができました。

それと同時に、ブタにはしっかりとスープを吸わせておいて、最後に味わうという楽しみ方もご紹介しておきたいと思います! それではまた次回お会いしましょう!ごっそれー!


店名えどもんど 中野
住所東京都中野区中野5丁目56−12
営業時間11時00分~14時30分、17時30分~21時00分
水曜日、日曜日 定休日
食べログhttps://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13283099/
Googleマップhttps://www.google.co.jp/maps/place/えどもんど 中野
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次