【MENYA NAKAGAWA】空いてる意味がわかりません。正直言って穴場です。麺は絶対に大盛りにしてつけ汁も残さず飲み干してしまうつけ麺 SUSURU TV.第2826回

ずるずる、どーもー!SUSURUです!

今回ご紹介するのは、ラーメン店「MENYA NAKAGAWA」の味玉鶏魚介つけ麺です。そしてつけ麺専用の〆のチーズリゾットまでオーダーしちゃいます。 「MENYA NAKAGAWA」の店内は広々として明るく、清潔感があります。デートなどでも活用できる素敵な雰囲気ですね。通し営業というのもありがたいポイントで、店主さんのキレのある調理を待つ間も楽しい時間でした。

こちらが「MENYA NAKAGAWA」の味玉鶏魚介つけ麺の中盛りです。

この綺麗に整えられた麺、さらにオーソドックスなトッピングがしっかり整列。清潔感溢れる店内と同じく、美しいビジュアルが広がっています。新小岩の名店『一燈』をインスパイアしたという噂のつけ麺、つけ汁も実際に一燈の雰囲気を感じられ、濃厚な鶏の香りがふんわりと漂います。

まずはオンリー麺で麺だけすすってみると、風味が良く、とても美味しいです。

北海道産小麦と焙煎小麦胚芽を配合したコシの強い麺は、麺自体の風味が強く、しっかりと小麦の味わいが楽しめます。

次に麺をつけ汁にくぐらせていただきます。

ネットリとした濃厚なつけ汁が中太麺とよく絡みます。鶏と魚介の濃密なハーモニーが広がり、味わい深い体験です。つけ汁は九州産鶏ガラと豚骨、そして九十九里産煮干しを使用したダブルスープになっていて、ネットリとした濃厚な鶏の旨みと魚介系の抜けの良い香りが絶妙にマッチしています。

トッピングも見逃せません。低温調理のチャーシューは素材の旨みを引き出すもので、噛むごとに美味しさが溢れてきます。

シンプルながらも高品質な仕上がり、鶏チャーシューもしっとりと美味しい。つけ汁に絡めると、さらに濃厚な味わいになるのがポイントです。 黒七味をかけて味変も楽しんでみると、その香り立つ風味と、少しだけピリッとした辛さが後半戦に良いアクセントになります。さらにレモンをかければ爽やかさがプラスされ、カイワレと一緒にすすればさらに美味しさが広がります。

最後は待ちに待ったチーズリゾット。

残ったつけ汁にご飯とチーズを混ぜ、スープ割を加えて混ぜると、濃厚なつけ汁とチーズが絶妙に混ざり合います。そして黒七味をかければ、さらに刺激が加わり、最後の最後まで飽きさせない絶妙な一品となりました。
「MENYA NAKAGAWA」のつけ麺、ぜひ一度食べてみてください。静かな場所にある隠れ家的な存在のこのお店、一度訪れると忘れられない美味しさがあること間違いなしです。
それではまた次回お会いしましょう!ごっそれー!


店名MENYA NAKAGAWA
住所東京都豊島区池袋2-38-7
営業時間11:00~21:00
日曜営業
食べログhttps://tabelog.com/saitama/A1104/A110401/11058375/
Googleマップhttps://www.google.com/maps/place/MENYA NAKAGAWA
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次