【濃厚豚ボナーラ ポルコ】極太麺と超濃厚豚骨ダレが絡みまくる豚まぜそば!ラストはご飯投入で骨も残さない完食。をすする SUSURU TV.第2437回

ずるずる、どーもー!SUSURUでーす! この度は、「ポルコ」の濃厚豚ボナーララーメンをレビューいたします。濃厚豚ボナーラは店の看板メニューで、粉チーズやトリュフライス、そしてデザートのミニカルボナーラまで注文しましたよ。

「ポルコ」は、一階がカウンター席、二階が広々としたテーブル席で構成されています。アルコールメニューも充実していて、ゆったり飲むこともできそうですね。

そして、今回は料理の製法に興味が湧き、特別に調理の様子を撮影させていただきました。 濃厚豚ボナーラを作ってみると、なんとなくまぜそばに似ています。

材料に色とりどりのトッピングが乗せられていく様子は、見ているだけでテンションが上がります。この中でも特に注目なのが、カルボナーラのエッセンスとも言える卵黄とブラックペッパーです。

こちらが濃厚豚ボナーラです。濃厚な豚骨スープに、太麺と粉チーズ、そしてトリュフライスが絶妙に絡み合っています。

中央に鎮座する卵黄を筆頭に、たくさんのトッピングが乗せられているので、食べるのが楽しみで仕方ありません。

それでは、いただきます。 パスタを思わせる平打ちの太麺が卵黄から顔を覗かせると、なんともオーション(ジロ系ラーメンでよく使われる麺の種類)のような重さを感じます。

そして、この太麺に豚ボナーラの濃厚なスープが絡み、一口すするとその豚の風味が口いっぱいに広がります。

この太麺は手打ちで、豚骨スープを引き立てる存在感と食べ応えがあります。香味野菜のフライやネギなどのトッピングがアクセントを加えて、ただ濃厚なだけでなく、一口ごとに味や食感の変化を楽しめます。 ブロックチャーシューも見逃せません。

豚肉の中で最も味が濃厚と言われる部位をじっくりと煮込んであり、そのサイズも絶妙なジューシーさを醸し出しています。 ここで粉チーズを投入して味変タイム!一気にカルボナーラ感が増し、そのコクが絶妙に増してきます。

そして、トリュフライスも忘れてはなりません。残った具材やスープ、そして豚ボナーラタレを混ぜ合わせていただくと、その美味しさにほとんどの人が満足することでしょう。

濃厚な豚骨カルボ味とライスがマッチし、ラーメンとはまた違う楽しさを感じます。そしてそのスピードで食べ進めると、あっという間に完食してしまいます。

これほど美味しい一杯を食べさせてもらった「ポルコ」に感謝します。「カルボナーラ」風の豚骨ラーメンは、その美味しさからきっとまた訪れたくなるでしょう。 それではまた次回お会いしましょう!ごっそれー!


店名 濃厚豚ボナーラ ポルコ
住所東京都葛飾区東新小岩1丁目2−1
営業時間11時00分~23時00分
食べログhttps://tabelog.com/tokyo/A1312/A131204/13272464/
Googleマップhttps://www.google.co.jp/maps/place/ 濃厚豚ボナーラ ポルコ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次