【らーめん 高尾】ワンコインでもめっちゃウマ!今年も大注目の荻窪ラーメンをすする SUSURU TV.第2522回

ずるずる、どーもー!SUSURUでーす!お待ちかね、ラーメンラバーの皆様、今回は、「ラーメン高尾」さんへおじゃましました!

その500円というリーズナブルな価格に心踊らせつつ、華麗にワンタンチャーシューメンと、おつまみにはメンマ皿を注文いたしました。ビールを頼むのも誘われましたが、今回はなんと、バヤリースをチョイス!

懐かしのその味わい、是非お試しあれ! さて、まずはメンマ皿が到着。シャキシャキとした食感と醤油ダレの相性が抜群で、メンマがこれほど美味しいとラーメンへの期待感が更に高まります。

そしてその待望のラーメンが到着した瞬間、店内はひと時、息を呑む静寂に包まれました。 果たして皆さん、目の前に広がっているのは、「ラーメン高尾」さんのワンタンチャーシューメンです!

溢れんばかりのチャーシューとワンタンが特徴の、クラシックな一杯。そしてその上には、目玉焼きがまるでお布団のように広がっています。 早速、スープからいただきます。

すっきりとした口当たりと醤油ダレの味わいが一体となった鶏ベースのスープは、見事なバランス感で美味しさを感じることができます。

さらに、麺と一緒にすすると、風味豊かな自家製の中太麺が鶏ベースのスープと見事に絡む様子が、心地よさを一層高めます。 そして特筆すべきは、黄身を割る一発逆転の瞬間。一挙に口の中がまろやかさで包まれ、美味しさがぐっと増すのです。

チャーシューも醤油ダレが染み込んでおり、食べやすいサイズ感がまた嬉しいポイントです。 さらに追い討ちをかけるようなワンタンの味わい。皮重視の優しい味わいは、スープとも見事に絡み合い、一食一食がたまらない美味しさです。

ここまで評価が極めて高く、ラーメン全体が輝くとは、まさに至福の瞬間です。 そして完食。

非常に満足できる一杯は、クラシカルなつくりと店主さんの新しい挑戦が見事に調和した、まさに温故知新、覧古考新(らんここうしん)そして彰往察来(しょうおうさつらい)の結晶と言えるでしょう。

ここ、「ラーメン高尾」さんでは、素晴らしいラーメンとともに、next time確実にビールも楽しむつもりです。それではまた次回お会いしましょう!ごっそれー!


店名らーめん 高尾
住所東京都杉並区荻窪5丁目9−17
営業時間11時00分~14時00分、17時00分~21時00分
水曜日、定休日
食べログhttps://tabelog.com/tokyo/A1319/A131906/13264662/
Googleマップhttps://www.google.co.jp/maps/place/らーめん 高尾
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次