【夢を語れ 埼玉】評判最悪の店で全マシアブラマシマシ!入店すらしたくないお店で食べすぎました。をすする SUSURU TV.第2663回

ずるずる、どーもー!SUSURUでーす!今回ご紹介するのは、東武スカイツリーライン「大袋駅」の近くにあるラーメン店、「夢を語れ埼玉」さんです。

SUSURUが訪れた「夢を語れ埼玉」さんは、京都のラーメン激戦区、一条寺にて創業した二郎系ラーメンのお店で、店主さんの夢は全国に「夢を語れ」を出店すること。

現在は日本全国、さらには海外のボストンにまで足を伸ばしております。この度SUSURUが訪れた「夢を語れ埼玉」さんも、その一店舗です。

なんだかユーモラスで個性的な店内に足を踏み入れると、ラーメンに豚増しをオーダー。さらに生卵とマシマシ券も購入しました。たくさんのトッピングを選ぶ楽しさ、そしてそれが一体どのような味わいを引き出すのか、期待感が高まります。

まずは、ラーメンが運ばれてきたときに目を引いたのが、丼から溢れんばかりの厚切り豚肉とアブラヒモビッチ。その存在感は圧巻で、一口食べた瞬間に肉の旨さが口全体を満たします。

女性のお客さんにも楽しんでいただきたいと、脂身はカットされているそうで、そのボリュームといい、その肉感といい、まさに豪快そのもの。 そして、極太の自家製麺が引き立てる澄んだスープのまろやかな味わい。

すするたびに麺の旨さと香りが口いっぱいに広がります。肉厚な麺がスープをしっかりと絡め取り、その組み合わせが実に絶妙。その後、豚肉と共に味を変えてみると、脂の旨さがグッと増し、期待以上の美味しさに心が躍ります。

さらに、生卵とラーメンのたれを混ぜ合わせた自家製麺に舌鼓を打つと、その濃厚さとベーシックな味わいが引き立って、これまた新たな美味しさを味わえました。

全体的に見て、「夢を語れ埼玉」さんのラーメンは、個性的なトッピングが引き立てる豊かな味わいと、素材本来の旨さを最大限に引き立てる落ち着きのあるスープが絶妙にマッチした一杯で、思わずすするの夢を語ってしまいそうなほどの満足感を得られました。

これぞまさに、夢を語るラーメンと言えるでしょう。 それではまた次回お会いしましょう!ごっそれー!


店名夢を語れ 埼玉
住所埼玉県越谷市大里617−4
営業時間12時00分~14時00分、18時00分~21時00分
11時00分~14時00分(日)
木曜日、定休日
食べログhttps://tabelog.com/saitama/A1102/A110203/11053384/
Googleマップhttps://www.google.co.jp/maps/place/夢を語れ 埼玉
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次