【麺屋二郎】これが二郎?九州で見つけた豚骨醤油のラーメン屋がまさかの味だった…!をすする SUSURU TV.第2628回

ずるずる、どーもー!SUSURUでーす!今回ご紹介するのは「麺屋二郎 指宿本店」さんの濃厚なラーメンです。Ramenグランプリ白飯欲しくなる部門で見事優勝を飾った、「指宿豚骨焦がし醤油のかさね味」を注文しました。

もちろん、風味を引き立てる白ごはんも一緒に頼みました。 なんと、今回は特別に厨房の調理風景まで撮影させていただきました。一歩厨房に足を踏み入れると、豚の香りが一層広がり、食欲を刺激されました。

モヤシやネギなどのトッピングが次々に乗せられ、待ちきれない気持ちとともに私の胃袋も準備万端です。 こちらが「麺屋二郎指宿本店」さんのかさね味。

一見すると、これぞ鹿児島の豚骨ラーメンといった正統派のビジュアルに、美しく盛られたモヤシとネギの緑が映えています。スープに浮かぶ黒いツブツブが焦がしニンニクで、その香ばしい匂いも空間に広がっています。

まずはスープを一口。なんともいえぬ豊かな味わいが口の中に広がります。ベースには豚骨だけでなく鶏も加えられていて、濃厚な豚骨のコクに鶏ガラ由来のスッキリとした後味が感じられ、まろやかで飲みやすいです。

また、創業以来継ぎ足して使っているチャーシューのタレと焦がしニンニクが絶妙に調和し、アクセントとして機能しています。 続いて麺を試してみます。自家製のストレート麺は中細でモチモチとした食感が特徴。

また、滑らかでしなやかなすすり心地と、指宿豚骨スープとの相性も抜群です。モヤシと組み合わせることで食感に変化が生まれ、味わいも幅広く感じられます。ネギは豚骨醬油スープに爽快なアクセントを加えてくれ、その量もたっぷりとあって嬉しい限りです。

また、こちらの店では、麺をご飯に乗せて食べる方法も提案されました。その提案通りにしてみると、ご飯にスープがしっかりとしみ込み、炭水化物と炭水化物の美味しいコラボレーションが完成します。

ところで、途中で漬物が出てきました。漬物で口の中をさっぱりとリセットした後、再び麺をすすり、米を噛むというリズムが生まれます。最後にはスープをしっかりと堪能して、一杯を完食しました。

豚骨がふんわりと香り、スッキリとした後味の一杯でした。 なお、その場でカップ麺化もされており、そのパンチの強さを自宅でも味わうことができます。この美味しさを常にストックしておくと良いかもしれませんね。

せっかく訪れた「麺屋二郎 指宿本店」さんで、店主の安間さんに直接、鹿児島ラーメンについてやカップ麺化のエピソードを聞くことができました。それではまた次回お会いしましょう!ごっそれー!


店名麺屋二郎
住所鹿児島県指宿市西方1934−4
営業時間11時30分~15時00分、18時00分~21時30分
食べログhttps://tabelog.com/kagoshima/A4601/A460102/46007632/
Googleマップhttps://www.google.co.jp/maps/place/麺屋二郎
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次