【らぁ麺 すぎ本】うますぎ本が完全リニューアルしたというのですすりに行ってきた。をすする SUSURU TV.第2386回

ずるずる、どーもー!SUSURUでーす!” 今回は、神奈川県横浜市の「青葉台駅」を訪れることにしました。東急電鉄の駅というだけあって、「青葉台東急スクエア」という大きな商業施設と直結している、とんでもなく賑わっている駅です。

さて、私たちが向かった先は「らぁ麺すぎ本」さんです。食券制のこのお店で、SUSURUは特製醤油ラーメンとSUSURU流必須のサイドメニューである名古屋コーチンの玉子かけご飯をオーダーしました。

同店は何度も業界最高権威と称されるTRYを受賞しているだけあり、SUSURUだけでなく、ラーメン好き全般からも人気を博しています。 それでは、どのように進化しているかを見ていきましょう。

あの馴染み深い食欲を鷲掴みにするつゆ味がもう待ちきれない…! (ささやかなドラマチックな暗転後) こちらが「らぁ麺すぎ本」の特製醤油ラーメンと名古屋コーチンの玉子かけご飯です!

驚くべきは、素材の見直しに止まらずスープ量や麺増量、さらには丼やレンゲまで一新されているという事実!せっかくなので、さっそくいただいてみましょう。

スープを一口頬張ると、以前の味に比べてダイレクトに刺さるキリリとしたスープが、動物系や魚介系など様々な素材の旨味が織りなすふくよかな味わいに進化していました。

また、八角の香りが強いのも特筆すべき点で、飲めば飲むほど奥深い味わいが表現されています。

次に、自家製の中細麺を試してみましょう。滑らかな舌触りと共にスープの美味しさをきちんと引き立ててくれる、素晴らしいコラボレーションが感じられます。スープが変わるに従って麺も変わり、まるで時代を映しているかのような変化が感じられます。

「らぁ麺すぎ本」のチャーシューも別格です。一口食べれば、とろける柔らかさと肉々しさが全てが揃ったチャーシューは感無量です。また、メンマについても驚きの一言。

ここに至るまでの技術力とセンスにはただただ脱帽の一言です。全てのバランスが計算されたラーメンは精髄を感じさせます。 そして、ついに登場したのが名古屋コーチンの玉子かけご飯!

新たに玉子まぶしのトッピングが加わっていました。一口食べてみると、濃厚な卵黄と甘辛いたれ、そして鰹節のバランスが絶妙で、まさに神がかった美味しさを感じられます。

もちろん、名古屋コーチンの玉子かけご飯と特製醤油ラーメンを合わせて食べるのも絶品です。 それではまた次回お会いしましょう!ごっそれー!


店名らぁ麺 すぎ本
住所神奈川県横浜市青葉区桜台26−1 第3アサキビル 1階
営業時間11時30分~15時00分、18時00分~21時00分
月曜日、火曜日、定休日
食べログhttps://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140202/14080372/
Googleマップhttps://www.google.co.jp/maps/place/らぁ麺 すぎ本
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次