【燦燦斗】1日2時間半しかやってないのに!麺大量の大盛り油そばをすする SUSURU TV.第2409回

ずるずる、どーもー!SUSURUでーす!今回SUSURUは2409度目の食レポをお届けします。「えどもんど」という西日暮里の二郎系ラーメン店を訪れました。

その店での冒険は斎藤選手のチャンネルにも上がっていますので、詳細に興味がある方はそちらのリンクを確認してみてください。 今回一緒に食事を楽しんだのは斎藤選手です。「燦燦斗」では食券制を採用しています。

SUSURUが選んだのは油そば大盛りです。さらに特増トッピングもプッシュしてみました。店主さんの麺上げの手際と、配膳や列整理を担当する女将さんの分業制はほぼ芸術的なシンクロですね。

眺めているだけでも楽しめる状況です。 そしてついにやってきました。「燦燦斗」の油そば大盛り特増トッピング!その圧倒的なビジュアルと肉にまみれたミートランドは、食欲をかき立てます。

ここでの一口目は斎藤選手から。その反応は大満足の様子で、口元がニコニコと伸びていました。次は麺をすすります。その一風変わったすすり具合が何ともSUSURUらしい味わいでした。

さて、SUSURUが気になって仕方ないのは麺と具材の調和。そのためにも、すべてをよく混ぜます。その大量の麺と香り高い醤油ダレはSUSURUの鼻腔を強烈に刺激し、大黒天のような迫力を感じさせます。

そしてその麺に絡みつく油とタレの芳醇な旨味。それを一口食べてみると、その美味しさに頷きながら何か通じ合うものがあるような感覚になります。

それでは、次に乗っている低温調理チャーシューを食べてみましょう。その豚特有の香りを感じると、素材の旨味が一気に勃発します。おまけに付属のスープ。

このスープはラーメンのスープそのものであるかのようで、実際よりも濃厚に感じました。そのスープに麺を浸してつけ麺風にすすると、さらに感じる旨味が増します。

そして、終盤戦。トッピングをゆっくりと堪能してから、最後に待っていた味玉を頬張りました。そのとろけるような味わいが舌を包んだ瞬間、今日の食事も完食し、存分に満足することができました。

燦燦斗さん、本当に美味しい油そばをありがとうございました!次は何を食べに行こうかな、と考えるSUSURUの心にも新たな楽しみが増えたようです。それではまた次回お会いしましょう!ごっそれー!


店名燦燦斗
住所東京都北区中十条3丁目16−15
営業時間18時00分~20時30分
月曜日、木曜日、定休日
食べログhttps://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13283099/
Googleマップhttps://www.google.co.jp/maps/place/燦燦斗
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次