【らぁめん 舎鈴】ラーメン好きなら絶対に行きましょう。究極の縮れ麺とパンチスープがうまい!をすする SUSURU TV.第2467回

ずるずる、どーもー!SUSURUでーす!今日はみなさんと一緒に、「らぁめん 舎鈴」さんへ伺うことにしました。こちらのお店は、ハイテク食券制を採用しております。今回、SUSURUはチャーシューメンと味玉を選びました。

なんと、お店の方には特別に、麺を手もみする様子を撮影させていただくこともできました!それはなんとも力強い手つきで、その様子からはケンチャンラーメンへ研究に研究を重ねた結果とのことが感じ取れました。

ちなみに、「六厘舎」の店主さんは週に3回くらい厨房に出るそうなので、「六厘舎」のファンの方々には、是非とも厨房内にも注目してみていただきたいですね!

そして待ちに待ったラーメンが届くと… こちらが、「らぁめん舎鈴」さんのチャーシューメンで、味玉トッピングとなります!

この見た目、圧巻です!見るからにずっしりと重たそうなチャーシューが、手もみ麺を覆い隠すほど盛り付けられていて、その他のトッピングもびっしりと並んでいます。

見た目からして研究が重ねられたケンチャンラーメンを彷彿とさせますね。 まずはスープからいただきましょう。これがまた、絶品です!

しっかりとした醤油味で、煮干しベースのキレのある山形の味が広がります。醤油のエッジが立っていながらも、しょっぱすぎず、ちょうど良い旨味とパンチがあるバランスの取れた味わいです。

基本の煮干しに、ほんのりと動物系の風味とコクが感じられ、まさにうまさがグルグルと回ってきます! 次に、手もみの麺をいただきます。これがまた一段と美味しい!

強めに手もみされているからか、口に入れると一瞬で口の中で弾け、噛みしめると力強い食感が広がります。スープとのバランスも絶妙で、一体どれほどの研究と苦労があったのかが感じられます。

さて、次はボリューミーなチャーシューをパクリ!優しくてワイルドな豚の味わいが口の中に広がります。「六厘舎」のチャーシューの特性が感じられる一品です。

海苔も一緒に食べると、磯の風味が増し、チャーシューがこれだけたっぷりと入って1000円未満なのは、ほんとうにお得感がありますね。 メンマもしっかりと味わってみますと…これまた美味!

チャーシュー以外のトッピングのレベルも高く、チャーシューを刻んで入れている点もさすがです。最後の最後までぐるぐると美味しさが広がり、終わりには完飲してしまいました!この日も大変美味しくすすれました!

東京にいながら、「らぁめん舎鈴」さんのような絶品ラーメンを楽しめるのは、本当に素晴らしいことですね。再訪を約束し、次回への期待を抱きながら、今日はこの辺で。それではまた次回お会いしましょう!ごっそれー!


店名らぁめん 舎鈴
住所東京都千代田区丸の内1丁目10−9
営業時間7時00分~22時00分
土曜日、11時00分~15時00分
日曜日、定休日
食べログhttps://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13283099/
Googleマップhttps://www.google.co.jp/maps/place/らぁめん 舎鈴
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次