【東京豚骨拉麺ばんから 新宿歌舞伎町店】おい、ヒカルさん。賛否両論の「みそる」はうまいのか?をすする SUSURU TV.第2743回

ずるずる、どーもー!SUSURUでーす!」今回は「東京豚骨拉麺ばんから新宿歌舞伎町店」にお越ししています。さあ、SUSURUが注文したのは、ぜひ比較したかった”みそる”と、基準となる”味噌ラーメン”の二つです。

早速ですが、目の前に2杯のラーメンが並べられました。一つは「東京豚骨拉麺ばんから新宿歌舞伎町店」特有の”みそるラーメン”。

みそるの特徴的な点は、トッピングに干しエビや、ナッツ、そしてニンニクチップの組み合わせがあります。さらに、スープの上にはゴマが実に豊富に振りかけられていました。

もう一つの”味噌ラーメン”と比較してみると、それ以外の部分には大きな差異は見受けられませんでした。 それでは早速、いただきます。とたんに口の中に広がったのは、「ばんから」特徴的な豚骨ベースとパンチある味噌味。

いずれのスープも味はしっかり濃厚ですが、細かな差を探してみますと、具体的な違いを言喩えるほど、それははっきりとは感じられませんでした。そのうちに、「これ、一緒なんじゃない?」と考えてしまうほどになりました。

それでもみそるに付いてきたライスとの相性は絶妙!もっちりとした食感と濃厚なスープが相まって、幸せなひと時を味わうことができます。 一方、「みそるラーメン」にはエビとニンニクチップが入っています。

それらのトッピングがスープに溶け出していく度に、わずかながら変化する味わいを感じることができました。 それでいて、「やっぱり同じ味だ」と思わざるを得ない状況が続きました。

そして、すでにこの濃い味噌味のラーメンを二杯も食べてしまったこともあり、お腹も満腹状態。それが影響しているのかもしれません。

それでも、「いや、やっぱり同じ味だ」という確信を何度も何度も繰り返しながら、全てのラーメンを完食しました。「東京豚骨拉麺ばんから新宿歌舞伎町店」のラーメンは大変美味しかったです!

その後、店員さんからこの”ひみつの差異”について伺ったのですが、それはまたの機会にお話しします。 「それではまた次回お会いしましょう!ごっそれー!


店名東京豚骨拉麺ばんから 新宿歌舞伎町店
住所東京都新宿区歌舞伎町1丁目17−5 第二安田ビル 1F
営業時間11時00分~8時00分
食べログhttps://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13148061/
Googleマップhttps://www.google.co.jp/maps/place/東京豚骨拉麺ばんから 新宿歌舞伎町店
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次