【蒙古タンメン中本 東池袋店】夜なのに満席の中本で激辛北極大盛りをすする SUSURU TV.第2394回

ずるずる、どーもー!SUSURUでーす!今回SUSURUは、「蒙古タンメン中本東池袋店」で、特盛りの冷し海老味噌北極を遅くまで仕事を終えたご褒美として食べてきたそんな一日を振り返ります。

SUSURUがオーダーしたのは、麺大盛りに背脂とチャーシュー1枚のトッピングされた冷し海老味噌北極。

さらに「蒙古タンメン中本」さんのアプリを活用して生玉子もゲットしました。 それだけでなく、閉店間際でも行列が絶えない「中本」さんの人気っぷりに感心しながら待つ時間がここでもたのしい体験となりました。

いよいよ、冷し海老味噌北極麺大盛り、各種トッピングが目の前に到着した瞬間です。大盛りにした麺は見るからにどっさりと詰まっており、分厚いチャーシューも鎮座しています。

そして、北極つけ汁からはエビの香りがムンムンと漂い、早く食べたい欲求を掻き立てます。 まず、オンリー麺すすりから始めます。中本特製中太麺は、水でしっかり締まっていて、噛むと表面がムチっとしておりコシがあり美味しさ全開。

夜遅くまでバッチリ働きを終えた日の麺は、格別に美味しく体に染み渡ってきます。 続いて、そんな麺をつけ汁にくぐらせていただきます。

一口すすると、北極ならではの濃密で濃厚な旨味が口中に広がります。たしかに辛さはありますが、それ以上の背後に隠れた旨味をしっかりと感じることができます。

芳醇な海老の風味も立っており、味のバランスも最高で、辛さもスープの冷たさでほどよく抑えられる絶妙なさじ加減。 次に、つけ汁からバラ肉とニンニクの芽を見つけます。

豚バラ肉の甘味は辛い北極スープに対する良いアクセントとなり、ニンニクの芽は食感も良くスタミナを補給します。

そして、アプリサービスの生卵を溶かし、麺をつけ汁と生卵に絡めて食べると、北極の辛さがマイルドになりつつ卵黄のコクが加わります。やはり辛いものには生卵が最適だと実感します。

そして、背脂へダイブ!背脂が加わることによって甘みも感じられる味変アイテムがこんな素晴らしいアイテムだったとは驚きです。そして、スライス玉子がクールダウンに一役買います。

チャーシューをつけ汁にどっぷりつけて食べると、表面の炙りの香ばしい香りとジューシーな肉質が北極つけ汁と絶妙の味のコントラストを生み出して野生の甘さを感じます。

ということで、冷し海老味噌北極大盛りを存分に楽しんだSUSURU。最後はつけ汁にオールインして、混ぜそばのように食べてしまいました。ラストはセルフスープ割で完飲!

大満足の一杯でした。 つけ汁が麺にしっかり絡むので最後までおいしく、生卵で麺を割るとスープ割りの完成です。日本の美味しいラーメンを提供してくれる皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

その素晴らしき一杯に感謝と敬意を表し、また食欲の夜行列車は次の目的地へ走り出すのでした。 それではまた次回お会いしましょう!ごっそれー!


店名蒙古タンメン中本 東池袋店
住所東京都豊島区東池袋1丁目12−15 近代2ビル 1F
営業時間11時00分~23時00分
食べログhttps://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13162702/
Googleマップhttps://www.google.co.jp/maps/place/蒙古タンメン中本 東池袋店
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次